2017年3月期(第8期)の自動車販売関連事業・自動車リサイクル事業の営業概況は、以下のとおりです。

自動車販売関連事業

当セグメントにおきましては、新店舗効果及び、N-BOXをはじめとする新型車発売の効果により、新車販売台数は前年同期比7.0%増の5,252台となりました。また、中古車販売台数は、物流システムの見直し等により前年同期比11.4%増の10,178台となりました。これらの結果、売上高は252億76百万円(前年同期比8.0%増)、セグメント利益(営業利益)は10億1百万円(前年同期比37.1%増)となりました。

自動車リサイクル事業

当セグメントにおきましては、鉄・アルミ等の資源価格相場が緩やかながら回復傾向が継続しております。また、リユースパーツ販売を強化することで安定した売上を確保することが可能となりました。生産台数(再資源化処理)は前年同期比6.0%増の8,036台となり、使用済自動車の入庫が前年同期比11.6%増の8,276台となりました。これらの結果、売上高は7億24百万円(前年同期比13.5%増)、セグメント利益(営業利益)は1億42百万円(前年同期比128.6%増)となりました。